MENU

子育てしながら

看護師

私は看護師としてずっと働いていたのですが、出産を機にやめてしまうことにしました。チョットその職場では女同士のちょっとしたトラブルが多かったので、休職して又復職って言う気にはなれなかったので。

 

で、そろそろもう一度看護師として働きたいなと思っていました。ただ、子供がいるので託児所ありの病院がよかったんですよね。

 

この託児所ありの病院の求人を自分で見つけるのってかなり大変です。ハローワークに行っても大した求人ってなかったですからね。

 

なので、私は看護師専門の転職サイトにいくつか登録して探すことにしました。登録しておけば非公開求人という、かなり条件のいい求人を見ることが出来ますからね。

 

よりいい条件の転職先を見つけるためにも、いくつかの転職サイトに登録してくらべてみるということがいいかと思います。Aという転職サイトにはあったけど、Bという転職サイトにはなかったということはありますからね。

 

で、無事、託児所ありの看護師求人で、かなり条件の良いところを見つけた働くことが出来ました(#^.^#)

 

以下に私のおすすめの看護師転職サイトを紹介しておきますね。ハローワークなど一般では出ていない求人先も掲載されているのでお勧めですよ('ω')ノ

 

 

おすすめの看護師転職サイト

ナース人材バンク

ナース人材バンク
実績的にもナース人材バンクはNo1なのでお勧めですね。かなり求人数が多いですし、条件のいい求人もそろっていますよ。業界ではトップクラスに看護師の方が転職に利用している看護師専門の転職サイトとなっています。
託児所ありの求人も業界でトップの求人数ではないかと思います。

≫ナース人材バンクの登録はこちら

 

看護のお仕事

看護のお仕事
看護のお仕事も託児所ありの看護師求人情報が豊富ですね。ここのメリットとして24時間の電話対応を行ってくれるということがあります。
看護師という仕事的にも、子育て中という状況的にも、夜中でも電話対応してくれるというのは非常にありがたいですよね。60秒で簡単に登録できますよ。

≫看護のお仕事の登録はこちら

 

ナースではたらこ

ナースではたらこ
ナースではたらこは、ここで転職した方にもれなく最大10万円もの転職支援金をもらうことが出来ます。転職活動にも、多少なりともお金がかかってくるので、こういうので賄えるといいですよね。
ネット上だけではわからない、実際の現場の詳しい情報なんかも教えてくれますよ。

≫ナースではたらこの登録はこちら

 

 

【対応資格】
正看護師、准看護師、保健師、助産師

 

【対応地域】
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 山梨県 長野県 新潟県 富山県 石川県 福井県 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県 大阪府 兵庫県 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 鳥取県 島根県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

 

 

子育てしながら仕事する大変さ体験談

 

 

幼保連携保育園って何でしょう

 

離婚してシングルマザーになって1年が経とうとしています。

 

今まで主人に頼っていた仕事も、幼稚園に通っていた3歳の息子も保育園に通わす事になりました。ガラッと今までの環境が変わり、不安もたくさんありますがやるしかありません。

 

早くに結婚した為、あまり働いた事のなかった私ですが働く事の大変さを知りました。そして保育園との連携がこんなに難しいとは思いませんでした。

 

主に営業周りの仕事で家に帰ってからも家事をやっている余裕をなくす時があります。そんな時、子供に可哀想な思いはさせられないと必死に頑張っている自分がいます。

 

自分で選んだ道だから後悔はしたくないですし、別れて良かったと思いたいです。そして保育園も楽しく通っている息子でしたが、働く母親にとっては難しい所でした。

 

まずは慣らし保育というのが2週間もありました。給食を食べて12時に帰ってくるんですが、1日預ける子供が凄く少ないのです。先生も初めから1日保育は難しいですと言われ、しぶしぶ両親を頼り2週間の慣らし保育を経験しました。

 

少なからず早退など仕事に支障をきたしました。そしてやっと1日保育になったと思ったら親子遠足や参観日という名の親子体操がありました。

 

不参加の子は保育園がお休みになるという、またまた信じられないシステムです。月1回は必ず親子参加の行事があります。

 

まだ3歳という年齢の為、出来るだけ参加させてあげたいと思うのですが働かないと生活できない現状を思うとなかなか難しいです。保育料も決して安いとは言えませんし。仕事の都合上、延長保育をお願いする事もあるぐらいです。そうしたら、必然的にいつもの保育料よりも高くなってしまいます。

 

子供の急な病気にも働く事を妨げられます。

 

一度、振替休日で休みの日がありました。保育してくれる人がいなくて、仕事も休めないピンチに陥りました。どうしようと頭を悩ませていると、ご近所さんが一緒に見てくれるという事で甘えて仕事に行きました。

 

気付くと何度も携帯に着信あり。急いで掛けてみると、こけて足の肉が見える程ぱっくり切ってしまったという大けがをしたという内容でした。血相を変えて急いで帰りました。

 

包帯をぐるぐる巻きにして5針も縫ったとしくしく泣く息子を見て、さすがにへこみました。心折れて主人とやり直そうとも考えました。

 

しかし自分で選んだ道を信じて強い母で頑張ろうと思います。


 

 

子育てしながらのあたふたした日々

 

私には二人子供がいますが、専業主婦ではなく結婚後も仕事をつづけています。以前は販売職で19時、20時までの仕事をしていて、保育園の送迎や主人の協力を得るのも大変な時間帯なので退職し、今はパート勤務で午前中託児所を利用して、仕事をしています。

 

こどもを8時半に送っていく都合もあるので、早い時間に寝かしつけたいもののなかなかペースが整わず、ぐずぐずされることもしばしば。ここのところ順調なペースになってきたかとおもえば、上の子が体調悪く欠席、早退など、つづくときにはながく仕事を休んでしまったり、自分も疲れとともにストレスになってしまうことがあり、家族に八つ当たりをしてしまい、そのあと冷静になり、反省することもあります。

 

主人の仕事は、日曜日のみ休みなので、休日はあまり負担もかけたくないものの、休みでこどもと関われるときだけでもと、育児の協力をお願いしたくもなります。

 

私の仕事も忙しいときは、時間に追われてしまい、子供のむかえ、買い物、仕事の準備、上の子の塾の送迎と、なかなか時間に余裕なくあらっぽい家事になりがちです。体をこわしてしまうと家族みんなにいろいろ支障もでるので、なるべく、健康面、睡眠に気をつかうようにして、休めるときは休むというのをモットーにしています。

 

仕事のほか、地区やPTAの役員も数年前重なったときは、毎日めまぐるしく仕事の休みの調整など、なかなか大変なものでした。

 

まだ、下の子が幼く手がかかるので、自分である程度できるようになったり、学校に通うようになると少し余裕がうまれるかなと思うので、いまはいろんな手抜き、時短家事でのりきって、精神面できつきつにならないようほどほどに頑張っています。

 

気持ちに余裕のない育児は、こどもにかわいそうな思いをさせるので、しばらく短時間勤務で満足です。まずまず、忙しい生活ですが、愚痴るところは主人にきいてもらい、主人の愚痴もたまに聞きながら、家族みんなで協力しあえればと思う日々です。


 

 

もっと余裕のある落ち着いた生活を送りたいです

 

離婚して以来、シングルマザーで子育てしています。

 

実家は妹夫婦が住んでいるので頼る事が出来ず、その近くで現在2歳になる息子と共に暮らしています。飲食店で接客のパートをしており、週に5日朝10時〜夜17時まで働いていてその間息子は託児所に預かってもらっています。

 

本当はもっと働きたいのですが、託児所で預かってくれる時間が10時〜17時なので、このギリギリ内でしか働く事が出来ません。

 

お正月とお盆の数日は託児所もお休みになってしまいますので、その時は何とか両親に頼み込んで、数時間だけでも見てもらっています。

 

もっと長い時間見てもらえる託児所はどこもいっぱいで、空きがあったのが今通っている所だったのです。託児所の数が少なくて困る人がいるとは聞いていましたが、ここまでとは思いませんでした。

 

息子を妊娠、出産した時はまさか子育てがここまで大変だなんて想像していませんでした。夫もいれば暮らしもまだ幾分かマシだったかな、と考えて落ち込む事もあります。

 

お給料は10万程度で後は夫からの養育費で何とか節約しつつ生活していますが、お金以上に大変なのが子育てです。

 

まだ2歳なのと甘えんぼうな性格なので、ちょっとでも私の姿が見えないと凄い声で泣き喚きます。ちょっとトイレへ行くにも一苦労で、ですから託児所で預かってもらう時もパっと預けて私はダッシュで姿をくらませています。

 

託児所の先生からも「息子君はいつもママ、ママって泣いてるんです」と困ったように言われて、申し訳なくなってしまいます。

 

そして我儘な所もあり、結構頑固なので自分のやりたい事が自由に出来ないとずっと嫌々するのです。

 

ご飯が大好きだけど嫌いなおかずは食べるの嫌、お風呂も嫌、まだ寝たくないから寝るのは嫌と何でも嫌々です。拙い言い方で言うので可愛いなと思う時もありますが、仕事で疲れている時にこれがあると「もう!」と怒りたくなってしまいます。

 

思えば子育てや仕事に追われ、自分の髪の毛もろくに切っていませんし、メイクも全くせずいつもスッピンです。日焼け止めも塗る暇なく、というより美容に気を遣う気力がないので実年齢よりも老けてみられます。

 

もっと気持ちにも余裕を持って暮らしたいなといつも思います。


 

 

子育て、仕事で自分の時間の確保は困難へ

 

看護師として正社員として勤務してます。勤務地はクリニックですので日勤のみになります。

 

子供は2歳の男児一人です。主人は昼夜逆転の仕事をしているので仕事が終わってお迎えに行ってから寝付くまで子供を見ているのは私一人になります。

 

食事の準備は主人がしているので大変楽なのですが、子守がすごく大変です。

 

まず、お迎えに行ったら私を見た途端に甘え始め抱っこをしないと帰りたがりません。自転車に乗せるまでに毎日20分近くは帰ろうとせず困っている私を見ては満足しています。私が怒ると泣き始め又時間がかかります。

 

帰宅後はご飯では無くパンを食べたがります。直ちに食事を出すと食べますがお腹が減って機嫌が悪くなると泣き始めパンをせがみます。パンが出るまで泣きやみません。

 

食事の後は最近ようやく一人で遊んでくれるようになりました。私自身が今年の秋に受けるテストの為に必死で勉強しています。勉強が調子よく進んでいる時に限って私の膝の上に座りその前で救急車を走らせて遊びます。

 

あっちに行ってといってもママの側がいいと離れません。自分の時間が十分に取る事が出来ません。子供を寝かせてから勉強しようと考え早く寝かすと私自身も翌日迄寝てしまいます。

 

夜は子供が寝るまで洗濯、掃除を合わせてしながら子供の相手をしています。こんな時に主人もいてくれたら順番に子供の世話が出来て自分の時間も持てるんだろうな、と恨めしく思う事もあります。

 

そうは言っても仕事ですので、それ以外の時間はきちんと家の事もしてくれるので文句は言えません。今は怪我も病気もほぼしなくて、健康に元気に育ってくれています。

 

そのような状態でカツカツで家事、育児をこなしているので今以上のトラブルが出ると対応しかねると思っています。覚悟の上でしたが子育てしながら仕事をする事は自分の時間をゆっくり持つ事はほぼ不可能に近いと言う事が大変な事だと思います。

 

子供が生まれる前以上に時間を大切に使う様になりました。


 

 

内職をしながら2人の子育てをしてみて

 

私には現在3歳と1才の子供がいます。

 

内職を始めたのは上の子が7ヶ月で、新築の一戸建てを購入したときです。家にスペースもできたし、1日中子供につきっきりで変化のない毎日に飽きていたのと、
家を購入してお金がかかったこと、子供ももう一人欲しかったことなど、とにかく少しでも自分で働いたお金が欲しかったことがきっかけでした。

 

新聞の求人で家から近い場所で内職を探し、すぐに見つかりました。

 

さっそく娘をおんぶして面接へ行き、そのまま初めての仕事をもらうことができました。

 

車で持込をする仕事先だったので、片道15分、荷物と娘を乗せて行き来する日々が始まりました。娘の昼寝と夜寝た後にできればという甘い考えで内職を始めましたが、はじめてみるととても寝ている時間だけではできない大変な仕事だということに気づきました。

 

納期があるのでそれを守るために1日いくつ物を作ればいいか計算しながら作業を進めます。納期前日で予定通り仕上がっていない場合などは夫に手伝ってもらったり、徹夜して仕上げたことも何度もありました。

 

やっと仕事が終わったと思っても、昼間は娘が起きているので自分が眠れるわけではありません。寝不足とそれからくるイライラとの戦いが待っていました。

 

もらった仕事を予定数予定通りに仕上げて納品することにはとても喜びを感じていました。誰にでもできる仕事とはいえ、それを確実にこなせばお金がもらえるということでやりがいもありました。

 

けれど家に子供がいるので、内職道具に触られたり、子供が起きているときにも作業をしなければならないこともあり、そのときは邪魔されたり何かこぼされたり、うまくいかないこともたくさんあり、泣きたくなることもありました。

 

何のためにこんなことしているのだろうとか、とても大変なのに割に合わないと思ったこともありましたが、家で出来る仕事なんてそうありませんし、途中で投げ出すこともできず、ただただがんばりました。

 

思い通りに仕事が進まず、子供に八つ当たりをしてしまったこともありました。今考えると最低ですが、始めた頃は必死でした。

 

現在は上の子が幼稚園へ行き始め、自分だけの時間が増え、作業の手も慣れたのでうまく時間を使うことができるようになりました。それでも徹夜することもありますが、やりがいと信頼を得て仕事を続けられていることが生きがいとなっています。

 

子育てをしながら仕事をすることは並大抵の覚悟ではできません。

 

特に子供が小さいうちは病気もたくさんするし、その度に仕事の手を休めなければなりません。しかし、それを越えていく精神力、体力、そして仕事先への説明力が大切だと内職を通して学びました。

 

これからもがんばって続けていきたいと思います。


 

 

看護師の仕事対する皆さんのイメージ調査

 

看護師は素敵です

 

『大変そう』というのが一番強いイメージです。

 

肉体的にも精神的にもハードなお仕事だと思います。直に命と係わる仕事の為、ミスは許されず常に緊張感を求められます。そんな中、夜勤があったりと不規則な勤務でお休みも少ない。体調を崩す方も少なくないと聞きます。

 

また、人の死に直面する機会が多い為、それを仕事と割り切って慣れてしまう方もいれば、それに耐えきれず辞めてしまう方もいます。奉仕の精神が求められる一方で、優しさだけでなく、人の死と常に向き合う精神的な強さもなくては続けていけない仕事だと思います。

 

臨機応変かつ迅速な対応が求められるので、何の仕事でも言える事ではありますが、向き不向きが多分にあると思います。それだけ大変な仕事だと思うのです。

 

大変だからこそ、お給料の面は良いという印象があります。看護師という資格を持っていれば、就職難の現代でも仕事先がないという事はないでしょう。その点においては、とても魅力的な仕事だと思います。

 

病院にお世話になった際、看護師さんの優しい笑顔や気遣いは弱った気持ちに元気をくれ、安心感を与えてくれます。

 

それだけで体も楽になる様な気さえします。看護師はなくてはならない職業であり、大変ではあるけれども非常に素晴らしい仕事だと思います。

 

 

自分が想像してしまう看護師の仕事

 

周りでも働いている人が沢山いますが、看護師という仕事は非常に大変な責任感のある仕事ではないかと思います。

 

看護師は命の現場の最前線で働くわけですから、自分のミスが患者の命に関わることだって想像できます。そのプレッシャーの中で働いているので、尊敬してしまいます。

 

また、普通の仕事と違って夜勤などもありますので体調管理にも気をつけなければいけません。臨機応変な対応も求められてくると思うので、看護師として働きたいという意思の強さが無いとやっていけないのではないかと思います。

 

看護師の仕事といえば、給料が良いイメージがあります。仮に自分がシングルマザーになったとしても、看護師なら生活していくことが出来そうな気がします。

 

また、資格を持っていれば働き場所に困らないイメージがあるので羨ましいです。あとは、看護師は女性が多い職場が多いので仕事だけではなく人間関係にも気を使いそうな気がします。女性ばかりの職場だと、権力のあるお局の人がいると思うので怖そうです。

 

看護師の友人が身近にいるのですが、人材が足りないとよく話していました。看護師の人材が少ないのに看護学校の募集人数も少ないらしいので、もっと育成の為の環境を整えることが必要ではないかと思います。

 

 

給料がいいだけではやっていけない

 

看護師の仕事は本当に大変な仕事だと思います。

 

仕事の内容も人の生死にかかわることなので、気を抜くことはできないし、もちろん間違うことも許されない仕事だと思います。

 

人にかかわる仕事の中でも、表面的なものだけではなく内面にも深くかかわっていかなくてはならないので、人間的にもスキルが高くないといけないのではないかと思います。

 

給料は多アシカにほかの業種に比べると高い傾向にありますが、夜勤もこなしてサービス残業もあって、患者さんとのかかわりの中では嫌な思いもあると考えれば、決して高いとも思えない金額だと思います。

 

それでも皆さん続けているのはどうしてなんだろうと考えると、やはり看護師の仕事が好きだからということになるのだと思います。

 

私の知人にもいますが、みんな優しくて気が利いて包容力もあるいい人ばかりです。仕事に誇りを持っていて、大変だけどやりがいを持っている、そんな彼女たちを見ていると自分ももっと頑張らなくてはいけないなと思います。

 

ハードな仕事をしながら育児も家事もこなしているなんて、私にはとてもまねができません。そんな看護師さんたちを私はとても尊敬しています。

 

体調が悪くて病院に行ったとき、ちょっとしたことでもほっとできるのは看護師さんの力なのだと思います。

 

 

看護師の仕事と現実

 

看護師というと白衣の天使というイメージがあります。

 

しかし、看護師は大変な仕事だと思います。本当に昔は専門学校を出れば誰でもなれるイメージでしたが、最近の看護師は大学卒が多いのが現状です。

 

医者はもちろん頭がよく、看護師とは比べ物にならないイメージがありますが、看護師は医師を支える大切な重要な仕事なのです。看護師がいなければ医者も成り立ちませんから。

 

看護師の仕事は責任ある仕事です。患者を扱うのはほとんど看護師の仕事になります。病気になると気分もめいってしまう人の支えになるもの看護師の仕事だと感じています。

 

医師には相談しにくい事も看護師には言いやすかったり、看護師の方が心の支えになってくれたりするときがあります。そして、夜勤など不規則な生活が続く看護師は本当にタフだと思います。

 

病院に行って、すぐ対応してくれるのが看護師です。医師たちは看護師に支えられて成り立っているのではないでしょうか。

 

手術の際も血液採取など、様々な面のフォローをしてくれるので、責任のある、重要な存在です。最近では医療関係のドラマも多く、優秀な医師の下看護師の存在も大きいなぁと感じます。

 

看護師は患者の心のサポートをするスペシャリストのような気がします。

 

保育園と託児所の違い

保育所は共働き・シングルマザーなどお仕事をされていて、十分に保育できない方が保育園に預け、養育することを目的とする施設のことを言います。

 

託児所も同じような感じがしますが、正確には全然違う施設となっています。イメージ的には、夜遅くまで預けれる夜間託児所が多い・保育園、幼稚園より規模が小さい・認可保育園じゃない施設が託児所、などといったイメージを持っている方もいると思います。

 

でも本来の託児所の意味は、『従業員の子供を保育できる、企業が経営している施設』のことを指すみたいです。大手企業や病院などでよくあるんですが、従業員が安心して仕事ができるように、託児所を作っているんです。

 

最近では、個人でされている託児所も見かけるんですが、本来は各企業が従業員のために作られた施設のことを託児所というみたいです。